注目のトレーニンググッズ「ヨガホイール」の使い方を解説!〜ヨガポーズ編〜

注目のトレーニンググッズ「ヨガホイール」の使い方を解説!〜ヨガポーズ編〜

ヨギーの間でじわじわと注目を集めているアイテム「ヨガホイール」。
直径40cmほどのシンプルな輪っかで、
ヨガのポーズの補助として使われます。
インスタやYouTubeで見かけた事があるという方も多いかもしれませんね。
今回は、ヨガホイールを使ったヨガポーズをご紹介!
補助アイテムとして使えるので、
苦手なポーズや難しいポーズの練習が捗りますよ♪

□ヨガホイール関連記事

■ヨガホイールを使った体側を伸ばすポーズ

ヨガホイールを使った体側を伸ばすポーズ

「体側を伸ばすポーズ」は、肩から脇腹にかけてを伸ばすポーズ。
肩が凝っていたり脇腹が硬かったりする人は体が前傾してしまいがちです。
しかし、ヨガホイールを使えば
上半身の姿勢をラクにキープすることができるんです♪
体が硬い方もしっかりと伸ばすことができるので、
ポーズの効果を感じやすくなりますよ!

やり方
①マットにラクな姿勢で座る。
②ヨガホイールを自分の左サイドに置き、左手をのせる。
③息を吸いながら右手を上げ、
 吐く息に合わせてヨガホイールを転がすように左側に体を倒す。
④右の脇腹に酸素を送るようなイメージで数呼吸キープ。
⑤元の姿勢に戻り、反対側も同様に行う。

効果
・肩こり解消
・ウエストのシェイプアップ
・内臓機能の活性化
・呼吸量アップ

□体側を伸ばすポーズを用いたヨガポーズメニュー

ヨガホイールを使ったトラのポーズ

ヨガホイールを使ったトラのポーズ

「トラのポーズ」は
インナーマッスルをはじめとする体幹の筋肉を鍛えるポーズ。
キープすることがポーズの醍醐味ですが、
ふらふらしてしまうという人は効果を感じにくいもの。
しかし、ヨガホイールでサポートすれば体が安定するため、
しっかりインナーマッスルを意識できますよ!
手でも足でもOKなので、
ヨガホイールの力を借りてポーズをとってみましょう♪

やり方
①マットに四つん這いになる。
②右手を伸ばした先にヨガホイールを置き、手をのせる。
③息を吐きながら左足を真っ直ぐ後ろに伸ばす。
④おへそを背骨に引き寄せ、数呼吸キープ。
⑤元の姿勢に戻り、反対側も同様に行う。

効果
・体幹の強化
・ウエストのシェイプアップ

□トラのポーズを用いたヨガポーズメニュー

ヨガホイールを使った三日月のポーズ

ヨガホイールを使った三日月のポーズ

ももの前側を伸ばしたり、骨盤の歪みを整えたりと
女性にとって嬉しい効果がたくさんある「三日月のポーズ」。
でも、股関節が硬いと辛いだけなんですよね・・・。
しかしこのポーズもヨガホイールを使えばピタリと安定
落ち着いてポーズを深めることができるようになりますよ。

やり方
①マットに膝立ちで立つ。
②右足を前に出して90度に曲げ、
 足の下にヨガホイールを入れる。
③左足を後ろに引き、膝、足の甲を床につける。
④息を吸いながら両手をあげ、数呼吸キープ。
⑤元の姿勢に戻り、反対側も同様に行う。

効果
・足のむくみ解消
・骨盤の歪み解消
・肩こり解消
・呼吸量アップ

□三日月のポーズを用いたヨガポーズメニュー

ヨガホイールを使った三角のポーズ

ヨガホイールを使った三角のポーズ

ウエストの引き締めや股関節の柔軟性UP便秘解消など
美ボディ作りに欠かせないポーズといえば「三角のポーズ」ですよね。
全身を大きく使うポーズなので、難易度もそこそこ。
しかし、ヨガホイールをうまく使えば
しっかりとポーズを取ることができますよ!
ヨガブロックではうまくいかなかったという方、
ぜひお試しください^^

やり方
①足を肩幅の2倍くらいに開いて立つ。
 ヨガホイールは左側に置いておく。
②左足のつま先は左側、右足のつま先は正面に向け、
 両手を左右に広げる。
③左の股関節を引き込むと同時に、
 左手をできるだけ遠くに引っ張る。
④限界まで引っ張りあったら
 ゆっくりと左手をヨガホイールに置き、右手を天井に向かって伸ばす。
⑤数呼吸キープしたら反対側も同様に行う。

効果
・ウエストのシェイプアップ
・便秘解消
・股関節の柔軟性アップ
・血行促進

□三角のポーズを用いたヨガポーズメニュー

ヨガホイールを使った鳩のポーズ

ヨガホイールを使った鳩のポーズ

「鳩のポーズ」といえば、ヨギー達の憧れといっても過言ではないポーズ。
有名なポーズなので、
TVや雑誌で見かけたことあるという方も多いでしょう。
とても難易度の高いポーズですが、
ホイールを駆使すれば後ろ足をうまくコントロールすることができます。
このやり方はダンサーポーズなどにも応用できますので、
ぜひ覚えておいてくださいね!

やり方
①マットに四つん這いになる。
②左膝を両手の間に滑り込ませ、
 右足を後ろに伸ばすように引く。
③ヨガホイールを右足の甲にかけ、手を輪の中に通す。
④息を吐きながらヨガホイールを引っ張るようにして膝を曲げ、
 右手と左手を後頭部付近で繋ぐ。
⑤胸を押し出すようしながら目線を上げ、数呼吸キープ。
⑥元の位置に戻り、反対側も同様に行う。

効果
・姿勢改善
・呼吸量アップ
・ウエストのシェイプアップ

 
□鳩のポーズを用いたヨガポーズメニュー

まとめ

以上、ヨガホイールを使ったヨガポーズの練習方法について解説しました。
今回は5ポーズのみご紹介しましたが、
使い方のコツを掴めば様々なポーズの練習に応用できます。
ぜひご自身でも研究してみてくださいね♪

合わせて読みたい