美ボディを作る「三角のポーズ」をマスター!正しいやり方で効果UP!

美ボディを作る「三角のポーズ」をマスター!正しいやり方で効果UP!

全身を大きく使う「三角のポーズ」は、
ダイエット効果や体を整える効果がとても高いポーズ。
つまり、美ボディ作りには欠かせないポーズの一つです。
しかし効果が高い分、難易度もやや高め
気をつけるポイントがたくさんあります。
今回は三角のポーズについて詳しく解説していきますので、
正しいやり方をマスターして効果を高めていきましょう!

□苦手ポーズ克服ならこちら

■三角のポーズの効果

三角のポーズの効果

三角のポーズは美ボディ作りにぴったりなポーズ。
効果を細かくチェックしていきましょう!

▶︎ウエストの引き締め
キュッと引き締まったウエスト、
女性らしいくびれのあるウエストへ導きます。
お腹に加わる力とストレッチ感をしっかり意識していきましょう!

▶︎股関節の柔軟性アップ
股関節を柔らかくする効果もアリ。
股関節に刺激が加わることで血流が良くなるので、
代謝アップにも効果的です。

▶︎便秘解消
体側が大きく伸びるので、腸にも程よく刺激が加わります。
それにより便秘を解消できますよ♪

▶︎腰痛の予防・改善
腰周りがよく伸びるので、腰痛の予防や改善に効果的。
デスクワークが多い方や腰周りが重い方にオススメです。

■三角のポーズ基本のやり方

三角のポーズのやり方について説明します。
各ステップの下にあるコツを意識してみてくださいね。

三角のポーズ基本のやり方

STEP1
両足を肩幅の2倍分くらいに開いて立ち、
右足のつま先は右側、左足のつま先は正面に向ける。
コツ:思い切って開くことが大切。

三角のポーズ基本のやり方

STEP2
両手を肩の高さに持ち上げる。
コツ:左右それぞれの方向に引っ張るイメージで。

三角のポーズ基本のやり方

STEP3
息を吐きながら右の股関節を引き込み、右手をなるべく遠くまで引っ張る。
コツ:骨盤周りと上半身をなるべく引き離すのがコツ。

三角のポーズ基本のやり方

STEP4
右手を下げ、左手を天井に向かってあげる。そのままキープ。
コツ:目線は上の手へ。辛ければ下の手を見てもOK。

STEP5
STEP1の姿勢に戻り、反対側も同様に行う。

□三角のポーズを含めたヨガポーズメニュー

■これに気をつけて!

続いては三角のポーズでありがちなミスアライメントをご紹介します。
ご自身が当てはまっていないかチェックしてみてくださいね。
心当たりがあったら今日から改善しましょう!

三角のポーズ基本のやり方

▶︎股関節を引き込めていない
三角のポーズの醍醐味は上半身を傾けることではなく、
股関節を引き込むこと
この意識が弱いとなかなか上半身をうまく傾けることができません。

三角のポーズ基本のやり方

▶︎体が前傾している
上半身を倒そうとするあまり、
体が前傾していたりお尻が後ろに出てしまうのはNG
薄い隙間でもポーズを取れるよう、
体をしっかり伸ばして行いましょう。

三角のポーズ基本のやり方

▶︎お尻が後ろに出ている
上半身は前傾していなくても、
お尻が後ろに引けている方も多いです。
横から見たときに体が一直線になっているよう調整しましょう。

三角のポーズ基本のやり方

▶︎頭が傾いている
体の角度が変わると顔の位置が迷子になってしまう方も多いもの。
頭頂から尾てい骨までが一直線になるようにアゴは少し引いて行いましょう。

三角のポーズ基本のやり方

▶︎肩が上がっている
力が入りすぎると肩が上がってしまうことがあります。
肩甲骨を骨盤に向かってひきおろすようなイメージをもち、
背中までキュッと引き締めましょう。
首を長くするような意識も大切です。

■三角のポーズのコツ

三角のポーズのコツ

三角のポーズが苦手な方のために、オススメの練習方法をご紹介します!
最初は無理せず、強度を下げて行うと良いですよ♪

▶︎骨盤をスライドさせる
三角のポーズは股関節を引き込むことが大切です。
どうしても意識しにくいという方は、
手と反対方向に骨盤をスライドさせるイメージを持ちましょう。
胸から上と骨盤をなるべく引き離すように
伸ばしてから手を上下に開きましょう。

▶︎股関節を前に押し出す!
体が前傾してしまったり股関節が引けてしまったりする方は、
ポーズをとっているときに股関節をグッと前に押し出してみましょう。
体がかなり伸び、効果も増しますよ!

▶︎辛ければ手は膝に置く
体をうまく倒せないという方は、手を無理に床につかなくてもOK
膝の上や足首にそっと触れてみましょう。
そして余裕が出てきzがら床に触れてみるといいですよ。

▶︎下の手はいつでも離せるように!
三角のポーズをとっているとき、下の手に力が入っていませんか?
決して間違いではありませんが、下の手には頼りすぎない方がベター
いつでも離せる状態にすることで、
ウエストのシェイプアップ効果も高まりますよ。

まとめ

以上、三角のポーズのコツをご紹介しました。
体が丸まりやすいポーズなので、
両手両足、頭頂をそれぞれの方向に伸ばすイメージで行いましょう。
薄い隙間でポーズをとるようなイメージで練習を重ねてみてくださいね。
それだけでも効果がグンとアップしますよ♪

合わせて読みたい